小桜クマネコ。ぽっちゃり女子のイラスト

小桜クマネコ。ぽっちゃり女子のイラストを描いている。小食を装ったOLを愛している。



チンジャオとの同人ガリガリ娘のヒロインは最初ガリガリだったが、徐々に太っていき、最終的にぼっちゃりを通り越したデブになった。

いじめっこ女子と無人島に漂流したら ではむっちり系JKだった。


サキュバス喚んだらを読むならbookliveコミックがオススメ。先行で読めるから。

bookliveコミックでは1ヶ月目の料金が無料。

エンガワ卓はサキュバスよんだら母が来たの絵を描く。


エンガワの絵の特長はおっぱいが大きいむちむちした女。サキュバス喚んだらに出てくる母親も巨乳。

チンジャオガールとの共同作品は姉はヤンママ授乳中in熱海がある。

サキュバスとはエッチを通じて男性を誘惑するために女の形で夢に現れる架空の存在である。男性型はインキュバスと言われている。



チンジャオガールとエンガワ卓のコラボ同人誌サキュバス喚んだら母が来た!?発売は来年予定!3か月間オナニーを禁止したらある言葉を発するとサキュバスが現れる。そのことを知った男子学徒のタカシはがんばってオナニーを我慢。



召喚したサキュバスは自分の母だった。
サキュバス呼んだら母が来たに出てくるキャラクターを紹介。



森田タカシ。男子学徒で性交渉はまだない。母親に魅力を感じない。森田惠利、森田タカシの母。

女子力もない母親。エリリン、森田タカシが呼んだサキュバス。



それはタカシの母親だった。三月に小桜クマネコのエロ漫画『手塩にかけた娘』が発売されます。手塩にかけ立とは室町時代の食膳に添えられた塩のこと。汚れたものをはらうために供えられていたものだが、料理の塩加減を調整するためにも用いられた。
そこから自分で育てることを手塩にかけた、手塩にかけるという。行き遅れババア孕ませたの原作チンジャオ娘は作品が配信されると1万本以上は売れる大人気同人サークルである。



コラボしている人気イラストレーターは達磨さん転んだ。チンジャオ娘の作品がこんなにも注目されるかというとエッチに興味(相手に対して全く持てないのであれば、関係を築くことは難しいでしょうね)なさ沿うな女の子があることをきっかけにエッチに目覚め、快楽に溺れていく様が人気のようです。


「美人面犬の飼い方」みたいなエロくてグロい、ホラー要素が入った作品も配信されます。



同人誌とは明治時代、等しい志や趣味を持っていた人達同士が集い、同人雑誌を作っていた。同人誌イコールエッチなものやことではない。



なぜ同人=エロなのかというと同人の世界ではエロが一番人気のあるジャンルだからです。毎月1冊は同人誌を出して500部前後販売出来たら月20万以上稼げるレベルのようです。

ページの先頭へ