エンガワとチンジャオの最新エロ漫画サキュバ

エンガワとチンジャオの最新エロ漫画サキュバスよんだら母が来た!? が2020年春に発売決定!マスターベーションを72時間禁止すると呪文を口ずさむとサキュバスが出てくる。
ということを分かったタカシはオナ禁することにした。呼んだサキュバスは母親だった。



同人とは明治時代、等しい志や趣味を持っていた人達同士が集い、同人誌雑誌を制作していた。同人はエロというのは間違いである。



どうして同人=エッチなイメージがあるかというと同人の中でエロが爆発的に人気があるからです。ちなみに月に1冊出して500部以上売れたら月20万以上稼げるレベルのようです。


小桜クマネコ。



大食いの女の子のイラストを描くのが特性。小食OLのイラストをよく書いている。

チンジャオガールとの共作ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてに登場した女の子はガリガリだったが、徐々に太っていき、最終的にぼっちゃりを通り越したデブになった。いじめっこ女子と無人島に漂流したらではむちむちしたJKを描いていた。

行き遅れババアの原作者チンジャオ娘は1作目の作品「しょうた(40)とお姉ちゃんの夏休み」が爆発的に売れたことで注目されはじめた。同人誌のイラストを担当してる人は煙ハク(発煙器官)。

チンジャオ娘のエロ漫画が大ヒットするわけは清楚系な女の子がエロい事件に巻き込まれ性交の気もち良さに気づき、エロい女になっていくストーリー性に評判があります。


「神の乳母〜異形に奪われた妻〜」みたいなエログロな作品持たまにあります。サキュバスとはsexを通じて男性を誘惑するために女の形で夢に現れる超自然的存在である。


女夢魔と翻わけされる。



サキュバス呼んだら母が来たに出てくるキャラクターを紹介。



森田タカシ。
男子学徒で性交渉はまだない。母の裸体を見たらビンビンのチンコを萎える。


森田惠利、森田タカシの母親。
普段は髪がボサボサで魅力なし。エリリン、森田タカシが呼んだサキュバス。



その正体は森田タカシの母の森田惠利。


3月にチンジャオ娘×小桜クマネコの作品『手塩にかけた娘』が発売されます。
手塩にかけたとは少しの塩という意味。
不浄なものをはらうために添えられたものだが、塩加減をアジャストするためにも使われた。派生して自ら面倒を見ることを手塩にかけた、手塩にかけるという。


エンガワ卓はサキュバス喚んだら母が来たの絵をかきます。

エンガワの絵の特性はムチムチした巨乳の女性。

サキュバス呼んだらに登場するサキュバスはムチムチ。チンジャオ娘とコラボした作品は姉はヤンママ授乳中in実家などがある。
サキュバスよんだらを読むならブックライブコミックがいいです。
そのわけは先に配信されるから。
さらにブックライブコミックでは月額コースが初月無料に。

ページの先頭へ